アクセサリーアドバイザー資格認定講座

まだまだ暑い日がありそうですが
風はすっかり秋ですねぇ。
こんにちは、ちょっとセンチメンタルな気分のカンタです。

4月から始めた講座がパタパタと終わってしまい
思ってた以上に脱力してます。

昨日10月2日は「アクセサリーアドバイザー認定講座」の認定式でした。
アクセ講座みんなの認定作品
みんなの認定作品。
すごいよね…! これが見たかった…!
個性が出ていてみんな違って面白い!

ほかの人の作品を見るのは刺激になるし楽しくて好き。
特に同じ講座の生徒作品、って思うと
勝手に愛着湧いちゃったりする。
こだわりとか想いとかが見えてすごく勉強になるんだけど…
同時に自分の作品がとてもつまらないものに思えてきちゃって
いつも落ち込むんだぁ(´・ω・`)
とはいえ根がお気楽だから「まっ、次がんばろ☆」ってなもんなんだけどね。

今回も氣仙えりか先生直々に認定証をいただきました。
自作品と記念の一枚。
アクセ講座認定証
作品名「抹茶ババロア 秋の装い」バッグチャーム。
今回はアクセ加工重視のため
特に遊びも無く、無難なモチーフ。
作品はあいかわらず垢抜けないけど
習ったことたくさん盛り込めて満足です。
(きっと先生はチェックするの面倒くさかったと思う…;)
アクセ講座認定作品「抹茶ババロア 秋の装い」
「カン? ピン? ペンチって種類があるの?」
という初心過ぎた私が、今ではドヤ顔で
「このパーツはあそこのお店に…」
とか言っちゃってるわけです。
講座で作ったアクセたち
講座で作った作品たち。
本当に楽しくて充実した講座でした。
受講しなければ多分一生存在を知ることも無かったであろうパーツの便利な使い方とか。
あまりに盛りだくさんでいまだに復習が追いついてないけどw

あと、何より嬉しかったのは
去年のフェイクスイーツミニョンでワークショップを受けたときから
ずっと憧れていた柳 淑子先生に教われたこと。
それだけで毎回めっちゃウキウキしてた〜w
講座の後のお茶会でたまにお話できちゃったりして
ドキドキが止まりませんでしたよ…(*´д`*).。.:*・☆

そして副講師、渡辺 典子先生の完璧なアシスト。
講座2回目から既に「なにこの安心感」的な。

もっともっと教わっていたかったけど
目標のための今得られる知識は得たはずなので
あと必要なのは実践して経験することなのだな。

先生、同期の皆様、お疲れさまでした&ありがとうございました!
またどこかでご縁があることを楽しみにしています!

6+